キマRoom!Sign

【キマRoom!Sign】WealthPark株式会社、株式会社セイルボートと業務提携開始

~入居者申込から不動産オーナー承諾までの電子化が可能に~

不動産管理会社向け業務支援ソフトウェア「WealthParkビジネス」を提供するWealthPark株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 CEO:川田隆太、以下「WealthPark」)は、株式会社セイルボート(本社:広島県広島市 東京本部:東京都新宿区 代表取締役:西野量、以下「セイルボート」)と業務提携契約を締結いたしました。

参照:WealthPark株式会社、株式会社セイルボートと業務提携開始

不動産管理会社向け業務支援ソフトウェア『WealthParkビジネス』を提供するWealthPark株式会社は、不動産賃貸業務に特化した電子申込顧客管理ツール『キマRoom!Sign』を展開する株式会社セイルボートとの業務提携契約を発表した。
今回の業務提携により、『WealthParkビジネス』と『キマRoom!sign』とのシステム連携する。
これによって不動産会社は、賃貸借取引における入居申込から、不動産オーナーの承諾まで一気通貫での電子化が可能となる。

これまで入居申込の際には、

  • 入居者が不動産会社が指定した申し込み書類に
  • ”手書き”で
  • 必要事項を記入し
  • 仲介会社が管理会社にFAXで送付し
  • その後、管理会社が不動産オーナーに電話をかけて承諾を取る

という非常に煩雑なプロセスが行われていた。 
今回のシステム連携による手続きの電子化によって、上記プロセスがスマートフォンやタブレットなどのデバイス上で完結することが出来る。
入居者や不動産オーナーそれぞれの負担が軽減され、さらに不動産管理会社にとっても大幅なコスト削減と業務効率化が期待できるとしている。

法律の改定などによって、手続きのIT化が進んでいる不動産業界。
電子契約との親和性も高く、導入事例も続々上がっている業界の一つだ。
ペーパーレスと業務効率の向上の両方が叶う電子契約システムは、是非とも導入したいという企業も多いだろう。
ただ、業務的内容としても特徴のある業種であるだけに、導入に踏み切れないこともあるかもしれない。
今回の『キマRoom!Sign』のように業界特化の電子契約システムもあるが、各電子契約サービスでも業界の垣根を超えた事例も増えている。
今後、PaperlessGateでも様々な導入事例をお届けしていくので是非参考にしていただきたい。