CLOUD SIGN

クラウドサイン グッドデザイン賞2018受賞

弁護士ドットコムが提供する電子契約サービス”CLOUD SIGN(クラウドサイン)”がグッドデザイン賞2018を受賞した。

契約というデザインから一見遠いが、企業活動にとって欠かせない領域の課題をテクノロジーとデザインで解決している点が評価された。「リーガルテック」と呼ばれるビジネス分野が注目されているが、本サービスほど導入事例を出している事例も少なく、実績を積み上げている点も評価が高かった。このようなデザインから一見遠いように見える領域におけるデザインが、もっと注目され、あるいは評価される契機となることを期待している。

参照:http://www.g-mark.org/award/describe/48173?token=ztOZZQr1gq

紙文化、印鑑文化と言われる日本において、大きな転換期が来ているのかもしれない。
他社のサービスも含めて今後は、より使い勝手の良い、よりデザイン性の高いサービスが出てくることが期待される。

弁護士ドットコムが提供しているCLOUD SIGN(クラウドサイン)。
WEBメディアを中心に認知は確実に上がっている。その勢いも目を見張るものがある。
同時に、「電子契約」というキーワードの認知度を引っ張っているのもクラウドサインと言えるのはないだろうか。
電子契約サービスを提供している企業は弁護士ドットコム以外にも多く存在する。
だが、それは実はあまり知られていない。
弁護士ドットコムのクラウドサインが認知を上げることで、それらのサービスにも光が当たり、競争が起こりより良いサービスが生まれるという流れが出来ることだろう。
そのような市場原理も含めて、弁護士ドットコムの今後の活躍にも注目していきたい。