Docu Sign

【DocuSign】投資用マンションの売買取引契約に採用

ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:ドキュサイン)は本日、プロパティエージェント株式会社 (本社:東京都新宿区、以下プロパティエージェント) が、同社の投資用マンションブランド「クレイシア」の売買取引契約の電子化にドキュサインのプラットフォームを採用したことを発表します。

参照:プロパティエージェント、投資用マンションの売買取引契約をドキュサインにより電子化

ドキュサイン・ジャパンは、プロパティエージェントが展開する投資用マンション「クレイシア」の売買取引契約にDocuSignが採用されたと発表した。
ドキュサイン・ジャパンとプロパティエージェントは、プロパティエージェントの「DXプロジェクト」の推進において協業している。
今回の売買取引契約の電子化は、その第1弾の取り組みとなる。

プロパティエージェントでは、社内に専任チームを設置し、生産性の向上、顧客ニーズに基づく新たなビジネスチャンスの開拓によって、不動産領域のさらなる発展を目指して「DXプロジェクト」を推進しているという。
今回のDocuSignのプラットフォーム導入により、オンラインで契約締結できる利便性や収入印紙などの紙にまつわる負担の軽減、契約書類の管理の簡素化などを実現し、顧客満足度の向上と、ペーパーレス化の促進や業務効率の向上、クラウドでの契約管理によるセキュリティ強化など企業側のメリットも見込んでいるとしている。

投資用不動産における契約の電子化は、不動産流通の促進に一役買いそうだ。
印紙の負担軽減だけでも売主買主双方にメリットは大きいだろう。
さらに基本オンラインで手続きできるので、時間・場所の制約が大幅に改善されることになる。
不動産流通の観点では新しい流れになることだろう。

RELATED POST