CLOUD SIGN

【クラウドサイン】リーガルテックカオスマップ2020を発表

弁護士ドットコム株式会社(東証マザーズ 6027、東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介、以下弁護士ドットコム)が提供するWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」は「リーガルテックカオスマップ 2020」を公開したことをお知らせします。

参照:電子契約サービストップシェアのクラウドサインが「リーガルテックカオスマップ 2020」を公開

弁護士ドットコムが提供する「クラウドサイン」が「リーガルテックカオスマップ 2020」を公開した。
電子契約サービスに代表されるリーガルテック市場は確実に成長産業として存在感を示し、企業の顕在ニーズと合致して浸透し始じめている。
2020年に飛躍が期待できる企業および国内リーガルテックを、「文書作成」「文書管理」「契約締結」「申請/出願」「リサーチ/検索ポータル」「デューデリ/フォレンジック」「紛争/解決」7つの領域に分類し、さらに「個人向け」「企業向け」「法律専門家向け」の3つの階層に分けている。

今回のマップだけでも42ものサービス・企業があるが、ここに載っていないサービスも、まだある。
さらに今回の7つの分類をいくつか跨いでいるサービスもあり、今後はそれぞれのサービスが複数の領域へサービスの範囲を広げていくことも予想される。
しかも相当なスピードで広げていくのだろう。
その都度このようなマップも更新されていくことを期待したい。

RELATED POST