WAN-Sign|ワンビシアーカイブズ

【WAN-Sign】マジックソフトウェアの「Magic xpi Integration Platform」とサービス連携

日本通運グループの株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長:佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)が提供する電子契約サービス「WAN-Sign」(URL:https://www.wanbishi.co.jp/econtract/)と、マジックソフトウェア・エンタープライゼス(本社:イスラエル/NASDAQ:MGIC)の日本法人、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤 敏雄 以下、マジックソフトウェア・ジャパン)が提供する、システム連携(EAI)ソリューション「Magic xpi Integration Platform (以下、Magic xpi)」(URL:https://www.magicsoftware.com/ja/integration-platform/xpi/)は、本日2020年2月28日(金)より、サービス連携を開始しました。

参照:電子契約サービス「WAN-Sign」と「Magic xpi Integration Platform」がサービス連携 ~リモートワーク(在宅勤務)・管理部門の押印作業や契約管理の業務をシステム連携でさらに効率化、コーディング不要で簡単にシームレスな電子契約環境を構築~

電子契約サービス『WAN-Sign』を提供するワンビシアーカイブズは、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社が提供するシステム連携プラットフォーム『Magic xpi』とサービス連携したと発表した。
ワンビシアーカイブズの提供する電子契約サービス『WAN-Sign』は、今年1月からAPIを提供しており、企業が持っている既存システムとの連携もしやすくなった。
ただ、大規模な基幹システムを運用している企業にとっては、API連携だけでは開発工数やコスト面で課題が残っていた。
そこで今回の『Magic xpi』とのサービス連携に至ったという。
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社が提供する『Magic xpi』は、企業内に分散している販売管理・財務会計・顧客管理システムなどがそれぞれ保有する異なるデータを、連携・同期・統合できるシステム連携(EAI)ソリューション。
この『Magic xpi』と電子契約サービス『WAN-Sign』が連携することで、複数かつ大規模な基幹システムを運用している企業であっても、コーディング不要でシステム間連携を実現でき、シームレスな電子契約環境を構築できるという。

今まさに、リモートワークや在宅勤務の必要性が高まっている中、業務効率化やペーパーレス化など企業環境の整備が急がれている。
そのような流れを背景に、電子契約のニーズはますます高まっており、社内のワークフローや、ERP、基幹システム、CRMなどのシステム間連携の必要性も増している。むしろ急務となっているのではないだろうか。
今回の『WAN-Sign』と『Magic xpi』とのサービス連携は、そんなタイムリーな需要に、ぴたりとフィットするサービスの一つなのではないだろうか。

RELATED POST