ニュース

【ALSOK】安全・安心に電子化するワンストップサービス 「ALSOKペーパーレスソリューション」を提供開始

ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、お客様の紙文書に関するお困りごとをトータルで解決する「ALSOKペーパーレスソリューション」を2019年4月より提供開始します。
~ 中略 ~
ALSOKはこれまでお客様の大切な現金・貴重品を安全・確実にご指定の目的地までお届けするサービス、金融機関の事務集中化業務の受託やお客様の機密情報を確実に廃棄するサービス等を提供してまいりました。こうしたノウハウを活用し、大切な情報が記載された紙を安全・安心に電子化するワンストップサービス「ALSOKペーパーレスソリューション」を提供することにしました。本サービスは、e-文書法や電子帳簿保存法等の各種法令に対応すると共に、電子データの10年以上の長期保管にも対応します。

ALSOKはペーパーレス化の実現によって、お客様の業務効率化、働き方改革を支援いたします。

参照元:大切な情報が記載された文書を安全・安心に電子化するワンストップサービス 「ALSOKペーパーレスソリューション」の提供開始

サービス名は「ALSOKペーパーレスソリューション」とし、e-文書法や電子帳簿保存法等の各種法令に対応すると共に、電子データの10年以上の長期保管にも対応しているという。
以前にも、ALSOKの地銀のペーパーレス化支援のニュースはお伝えした。
地銀だけではなく、既存クライアントの金融機関を中心に、今までの重要文書のデータ化のニーズを取り込む狙いだ。
電子契約サービスが広がる中、過去の文書のデータ化にもニーズは高まっている。
それらのニーズに対して、電子契約サービス提供各社も取り組みつつあるが、ALSOKとしては過去の文書のデータ化に軸を置いた形になっている。

➀ 紙集荷(配達)サービス
➁ 電子化サービス(スキャン/タイムスタンプ/OCR・RPA等)
➂ 紙保管サービス
➃ 廃棄サービス
➄ データ保管サービス

これら➀~➄の中から希望のメニューを選ぶことが出来る。
➀~➄はこれまでの紙のデータを電子化する手段になるが、今後紙を発生させないためのソリューションも提供する。
遠隔会議システム、議事録作成支援システム、有期雇用契約の電子化システム、電子契約システムなどで業務のペーパーレス化をサポートしていく。
ALSOKは、これまでの現金輸送などで培った“大切なモノを預かる”、“機密情報を破棄する”といったノウハウを活かし、文書の電子化、ペーパーレス化とセキュリティ強化を推進するとしており、2019年度は1.2億円の販売目標を掲げている。