CLOUD SIGN

【クラウドサイン】「クラウドサインコネクト」を提供開始

自社の運営サービスに簡単に電子契約機能を追加できる「クラウドサインCONNECT」を提供開始

弁護士ドットコム株式会社(東京都港区、代表取締役社長:内田 陽介)の提供するWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」は、自社運営サービスの電子契約機能としてクラウドサインを追加できる「クラウドサイン CONNECT」を提供開始いたしました。

参照:自社の運営サービスに簡単に電子契約機能を追加できる「クラウドサインCONNECT」を提供開始

<クラウドサイン CONNECT 概要>
自社の運営サービスにクラウドサインのAPIを連携できるサービス。
これにより、自社開発の必要なく迅速に電子契約機能を導入することが可能となる。

〈利用イメージ〉

  • クラウドソーシングサイトの受発注機能に利用する
  • レンタルサービスサイトのレンタル契約機能に利用する
  • サービス購入サイトの申込機能に利用する

これまでもシンプルなインターフェイスや操作性で導入企業を増やしてきたクラウドサイン。
それでも新しいシステムの導入にハードルを感じていた企業も多いはず。
API連携による自社サービスへの機能追加であれば、新規システムの導入よりは導入ハードルは低くなるだろう。
導入担当者にはうれしいサービスの追加となったことは間違いない。
これによって「電子契約」のさらなる浸透も期待できそうだ。

今回のリリースにより今までにない新たな事例も出てきそうだ。
PaperlessGateでも新しい事例をキャッチし次第、すぐさまお届けしていきたい。