BtoBプラットフォーム

三菱重工 月間2万枚をペーパーレス化 ~BtoBプラットフォームで請求書支払業務を電子化~

三菱重工、請求支払業務のデジタル変革の基盤として「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Concur Invoice」を採用
企業間取引電子化システムのリーディングカンパニーである株式会社インフォマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:長尾 收、以下「当社」)は、出張・経費管理クラウドのリーダーである株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗、以下「コンカー」)との連携によって、三菱重工業株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 CEO:宮永 俊一、以下「三菱重工」)の請求支払業務のデジタル変革の基盤として、当社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」とコンカーが提供する請求書管理クラウド「Concur Invoice」が採用されたことをお知らせいたします。

 2019年4月に本番稼働を予定、段階的に三菱重工グループ内への展開を進め、2020年には20,000枚/月の請求書をデジタルデータで管理できるようにする予定です。
三菱重工、請求支払業務のデジタル変革の基盤として「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Concur Invoice」を採用

「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Concur Invoice」を連携することで、「BtoBプラットフォーム 請求書」で発行された電子請求書を直接「Concur Invoice」に反映することで、請求支払業務のペーパーレス化が実現でき、手入力不要による業務効率化、入力間違えなどの人的ミス防止によるガバナンス向上、紙の請求書の保管費・倉庫への郵送費ゼロが可能になるという。
「BtoBプラットフォーム 請求書」によって、企業間で発生する請求書の受け渡し業務すべてを、ひとつのクラウドシステム上で行うことができ、これまで時間・コスト・手間のかかっていた経理業務を大きく改善