電子契約とは

電子契約とは

電子契約(でんしけいやく)とは、契約のなかで、合意成立の手段として、インターネットや専用回線などの通信回線による情報交換を用い、かつ合意成立の証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを利用するものをいう。
参照:電子契約 – Wikipedia

「電子契約とは」でネット検索すると各社の解説が出てくる。

電子契約(でんしけいやく)とは、契約のなかで、合意成立の手段として、インターネットや専用回線などの通信回線による情報交換を用い、かつ合意成立の証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを利用するものをいう。
参照:電子契約 – Wikipedia

電子契約とは、電子ファイルをインターネット上で交換して電子署名を施すことで契約を締結し、企業のサーバーやクラウドストレージなどに電子データを保管しておく契約方式を言います。
参照:ゼロから学べる電子契約の基礎—電子契約の導入メリットと注意点

電子契約システムとはこれまで紙で行っていた契約書の締結や管理を、インターネット上で行うシステムです。
参照:電子契約とは | システム&サービス比較12選・メリット – 電子署名が可能にした法的有効性

電子契約とは、今まで書面にて締結していた契約を、電子データを用いて行う契約を指します。
参照:電子契約とは?4つのメリットを解説

インターネットなどを用い、契約に関する合意成立の証拠として、電子署名やタイムスタンプを付与した電子ファイルを、データセンターやクラウドで管理する契約の手段です。
参照:電子契約とは

上記はその一部だが、電子データを用いた契約手段であると言えそうだ。
ただ、「電子契約」と一言で言ってもどうやら複雑な状況が絡み合っているようだ。
「電子契約」と検索してくる文章の中には、E-ジャパン構想/電子署名法/e-文書法電子帳簿保存法/EDI/電子証明書などのキーワードがよく出てくる。
また、電子契約とうたっているサービスでも、目に見えにくい部分でその内容は異なっているようだ。
特に「タイムスタンプ」が重要なカギを握っていそうだ。
ここでなかなか興味深い記事を見つけたので紹介したい。

先に結論からいいましょう。要件を満たさない電子契約サービスを使うと、契約書は電子のまま保管できません。契約書を紙に印刷して保管する必要があります。
わざわざペーパーレスで処理できたのに、要件を満たせなければ、印刷する必要が生じるわけです。これでは、電子契約のありがたみは半減してしまいます。

参照:【注意喚起】電子契約の落とし穴 タイムスタンプのない契約は印刷が必要!?

電子契約導入に際しては、電子帳簿保存法の要件を満たしているかという点も十分に注意して検討していただきたい。

また、いわゆるこの”電子契約サービス”はほとんどの場合が、SaaS型のサービスである。
各サービスそれぞれが、日進月歩日々バージョンアップしているため、「電子契約」という言葉が含む範囲も時間と共に変化する可能性があることをご理解いただきたい。
Paperless Gate内の記事についても都度見直しを心掛け、常に最新の情報をお届けできるよう努めるが、電子契約サービス導入を実際にご検討いただく際は、最新情報であるかの確認も怠らずに。