Cloud sign(クラウドサイン)

クラウドサインとは

2015年サービス提供を開始した、弁護士ドットコムが提供する電子契約サービス。導入シェア率80%強を誇る。※2018年10月時点

クラウドサイン公式サイト

サービス概要

サービス名 CLOUD SIGN(クラウドサイン)
運営会社 弁護士ドットコム株式会社
サービス開始 2015年10月
料金プラン フリープラン
月額固定費:¥0
契約書送信件数ごとの費用:¥0
登録可能ID数:1ID
契約書送信上限数:10件/月
スタンダードプラン
月額固定費:¥10,000
契約書送信件数ごとの費用:¥100
登録可能ID数:無制限
契約書送信上限数:無制限
導入実績 約30,000社(2018年10月時点)
・株式会社ガイアックス
・株式会社クラウドワークス
・株式会社ぐるなび
・株式会社クレディセゾン
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社 SmartHR
・株式会社 ZOZO
・株式会社はてな
・株式会社フルスピード
・株式会社マネーフォワード
・株式会社メルカリ
・株式会社モバイルファクトリー
・株式会社リクルートホールディングス
・トリプルグッド行政書士法人
・ネスレ日本株式会社
・野村證券株式会社
・パーソルキャリア株式会社
・弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所
・みずほ証券株式会社
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
・ヤマトフィナンシャル株式会社
・ラクスル株式会社  など

導入実績

さすがのシェア率を誇るだけあり、多種多様な業界で導入されている。
導入の動機や使い方は各企業でそれぞれだが、共通点としては契約締結までのリードタイムつまり締結完了までの時間の短縮と、締結業務に係る手間の軽減には大きな効果を実感しているようだ。
各社担当者のインタビューも導入検討の参考にしていただきたい。

関連サービス

電子契約サービスの「クラウドサイン」に付随するサービスも展開している。

クラウドサインペイメント
契約締結と同時にクレジットカード決済ができるサービス。
クレジットカード決済完了後はカード会社から立て替え払いがされるため、料金未回収の心配が実質ゼロ。

サインのリ・デザイン
「契約を再発明するメディア」と銘打ったクラウドサインの情報発信サイト。

おススメポイント

結局どうなんだ、と言うと・・・

迷ったらこれだ。業界シェア80%強の導入率、つまり”みんな使ってる”。ネットに強い弁護士集団が作り上げ、業界をリードする電子契約システム、それがCLOUD SIGN(クラウドサイン)。