ペーパーレスとは

ここにタイトルを入力

ペーパーレスとは

契約書や報告書などの書類を、データ化し電子的にやり取りをすることで、紙を使用しないこと、またはその状況。

国会や各企業でもペーパーレス化推進の動きが活発だが、ペーパーレス化とはどのような事を指すのだろうか。
「ペーパーレスとは」のキーワードで調べてみると次ように出てくる。

「ペーパーレスとは」 by コトバンク

報告書などの書類を、ネットワークやフロッピーディスクなどを通して電子的にやりとりし、紙を使用しないようにすること。 情報のやりとりの効率化と、紙の節約を目的とする。

参照:ペーパーレス(ぺーぱーれす)とは – コトバンク

「ペーパーレスとは」 by 働き方改革ラボ

「ペーパーレス(Paperless)」とは、その名の通り、”paper(紙)”を”less(より少なく)”していくことであり、紙媒体でやりとりしていた文書や資料、データを電子化し、ネットワーク上において、紙の利用を最小限にしていくことです。

参照:本質に切り込む!いまさら聞けないペーパーレスとは?

「ペーパーレスとは」 by BOXIL

ペーパーレスとは、資料をデジタル化して活用することをいいます。主に使われることが多いのは会議で、紙の資料をスキャンしてタブレットやPCで確認する形式となります。

参照:ペーパーレスとは | そのメリットと導入ポイント、ペーパーレス会議システムの有用性を解説

厳密には「ペーパーレス」は紙(Paper)が無い(Less)状況の事を言い、「ペーパーレス化」は、ペーパーレスの状況を生み出すための行動や活動の事を指すのだろうが、実情としてはほぼ同義で使われているのが実情のようだ。
そこまで細かいことを気にする人も少ないというのが本音だろう。